色々やるであろうブログ

浪人してるので更新ほぼ停止中

地理Bまとめ① - ヨーロッパの言語・民族・宗教

〈言語〉

 ラテン語族  南部を中心に分布

 イタリア語、フランス語、スペイン語ポルトガル語ルーマニア語などが当てはまる。
ルーマニア周辺国はスラブ語族の国が多いが、ルーマニアはラテン人が作った国なのでラテン語族。(Romaniaは「ローマ人の国」の意)

 

 ゲルマン語族  北西部を中心に分布

 イギリス語、ドイツ語、オランダ語スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語、アイスランド語などが当てはまる。
北欧諸国はだいたいゲルマン語族。ただしフィンランド語はウラル語族

 

 スラブ語派  東部を中心に分布

  ポーランド語、チェコ語スロバキア語などの東ヨーロッパ諸国の言語が当てはまる。

 

 ウラル語族

 フィンランド語、ハンガリー語

 

 公用語

 スイスの公用語は、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の四つ。

ベルギーの公用語は、オランダ語、フランス語、ドイツ語の三つ。
他にワロン語フラマン語(オランダ語のようなもの)がある。→フラマン人とワロン人の言語紛争

 

〈民族〉

  ラテン系、ゲルマン系、スラブ系に大きく分けられ、基本的に語派と民族の分布は同じ。
周囲を他の民族分布地域に囲まれ、離島のように分布している民族地域のことを指す民族島がある。→ハンガリーのマシャール人、フィンランドのフィン人、ルーマニアルーマニア

 

〈宗教〉

 キリスト教が主

 ウラル系のハンガリーフィンランドについては、ハンガリーカトリックフィンランドプロテスタント

 アルバニアボスニアヘルツェゴビナコソボなどヨーロッパ南東部ではイスラム