一般大学生が色々やるブログ

いろいろなことを書いています

地理Bまとめ⑥ - 民族問題


スポンサードリンク

 

民族問題

北アイルランド紛争

イギリスの北アイルランド

多数派のイギリス系住民(プロテスタント)vs少数派のケルト系住民(カトリック

ユーゴスラビア問題

ユーゴスラビア解体で旧ユーゴスラビアを構成していた国が独立→各国内で民族・宗教対立

ボスニア・ヘルツェゴビナでは内戦にまでなった。

セルビアで、人口の九割を占めるアルバニア系住民が独立運動コソボ独立

フラマン人とワロン人の言語紛争

ベルギー

北部のオランダ語系フラマン人vs南部のフランス語系ワロン人

バスク人独立運動

スペインとフランスの国境地帯に移住しているカトリック系のバスク人独立運動を展開。

チェチェン紛争

黒海カスピ海の間 チェチェン共和国

チェチェン共和国がロシアからの独立宣言をして始まった。

パレスチナ問題

1948年パレスチナユダヤ人国家イスラエルが誕生。

この地から追放されたパレスチナ人とそれを支援するアラブ諸国vsイスラエル

イギリスの三枚舌外交のせい。

クルド人独立運動

黒海カスピ海の近くのトルコ、シリア、イラク、イラン周辺にまたがって移住しているクルド人独立運動

クルド人は国家を持たない。

キプロス紛争

トルコの下にある地中海の島キプロス共和国

北部の少数派トルコ系住民(ムスリム多い)vs南部の多数派ギリシャ系住民(ギリシャ正教多い)

チュニジア

アフリカの一番上のくぼみに見える部分の左側にある国

SNSによる民衆の連携で長期独裁政権を倒した。(2011年)

これが飛び火し、エジプトやリビアでも独裁政権が倒された。

一連の出来事を「アラブの春」という。

ビアフラ戦争

ナイジェリア(ギニア湾岸のでかい国)

南部の油田地帯にすむキリスト教徒のイボ人が独立宣言→北部のイスラム教徒のハウサ人・フラニ人が反発→内戦

終戦後、南部ラゴス→中央部アブジャに遷都

南スーダン紛争

南スーダン

2011年スーダンから分離独立。

独立後も石油などの利権争いとともに政府と反体制派が武力衝突。

ダルフール紛争

スーダン

2003年政府に反発する二つの黒人勢力が西武で武装蜂起。

国連が、「世界最悪の人道危機」と指摘。

ルワンダ内戦

アフリカ最大の湖ヴィクトリア湖の隣 ルワンダ

フツ族(多数派)vs ツチ族(少数派、旧支配層)

大量のフツ族が国外逃亡→深刻な難民問題

その後の復興は「アフリカの奇跡」と呼ばれている。

カシミール紛争(問題)

カシミール州のムスリムによる分離独立運動

インド北辺部を中心にヒンドゥー教徒vsイスラム教徒

スリランカ民族紛争

国内最大のシンハラ人(人口の82%、仏教徒)vsタミル人(9%、ヒンドゥー教徒

2009年タミル人側制圧、終結

ウイグル族独立問題

イスラム教徒のウイグル族が中国統治に強く反発。

ミンダナオ紛争

フィリピン南部ミンダナオ島を中心に展開されるムスリム(モロ諸族)による独立運動

ニューカレドニア独立運動

メラネシア系住民がニッケル鉱山の利権をめぐり、フランスからの独立運動