一般大学生が色々やるブログ

いろいろなことを書いています

地理Bまとめ⑦ - ラテンアメリカの農牧業


スポンサードリンク

 

ブラジル南東部、アルゼンチン

セラードと呼ばれるサバナ気候の疎林帯→ブラジル南東部

ここからアルゼンチンにかけて肉牛の飼育

 

パンパ(ラプラタ川、ブエノスアイレス周辺)

小麦の栽培、トウモロコシの栽培と肉牛の放牧を行う混合農業

東側:湿潤パンパ(川に近いほう)で小麦、トウモロコシの栽培、肉牛の飼育

西側:乾燥パンパで羊の放牧

大西洋沿岸部

プランテーション農業:サトウキビ、バナナ、コーヒー豆

ブラジル東部の突き出ている部分やペルーなどに多い

ブラジル高原→テラローシャ(赤紫色)→コーヒー豆

セルバ

セルバはアマゾン川流域の熱帯雨林

熱帯雨林焼畑農業→キャッサバ(南米原産)、豆類

中央アンデス

標高が

~約2300mまで:熱帯作物を栽培

 約2300~約3200m:トウモロコシを栽培

 約3200m~約3600m:
イモ類栽培
ジャガイモはアンデス高地原産

 約3600m~約4800m:
リャマ、アルパカの放牧
チチカカ湖はこの辺りにある