色々やるであろうブログ

浪人してるので更新ほぼ停止中

地理Bまとめ番外編(知らなかったところまとめ)

もうすぐ共通テストですし個人的に忘れていた箇所などを挙げます(あくまで個人的なもの)
範囲は地誌以外から


目次


農業


全体の肥料消費量は中国が世界1位で、全世界の半分ほどを占める


オランダとデンマークは土地生産性がめちゃくちゃ高い(一応ヨーロッパなので労働生産性も高い)


栽培北限(ヨーロッパ)

  • ブドウ:パリ盆地あたりまで
    (パリ盆地はブドウの栽培が盛ん)
  • 小麦:かなり高緯度まで
  • 米:スペイン、イタリアあたりまで



エネルギー


中国、アメリカはエネルギー自給率が100%をきっている


イギリス、ブラジルのエネルギー自給率が高いのはそれぞれ北海油田、リオ油田を開発しているから


ロシア、カナダ、オーストラリアは資源を輸出しまくる国
国内の重工業が少ないオーストラリアは特に資源を輸出している


オーストラリアはウラン生産量が多いが原発は無い


石油石炭天然ガスについて

  • 石油:最も消費量が多い
  • 天然ガス:石油危機以降に消費量が増え、クリーンエネルギーであることから需要が伸びているので消費量の伸び率が大きい


工業/鉱山資源


農牧業関連統計は北海道と南九州に注目
(北海道と南九州での割合が高い)


イギリス、アメリカは脱工業化が進んでいる


ダイヤモンド産出量はボツワナコンゴ、ロシアに多い
が加工業はインド、イスラエルで盛ん
またインドでは宝石輸出も盛ん


ロシアは金属工業に強い
(粗鋼生産5位、アルミニウム生産2位)


人口/村落/都市


アメリカ、イギリス三次産業割合が特に高い
(工業の、脱工業化が進んでいる、と合わせて)


韓国のソウル一極集中型
ドイツ多極分散型
中国は総人口が多すぎるので全体に占める各都市の人口率は低くなる


スラムの形成
《先進国》

  • 都市周辺の旧市街地(インナーシティ)に形成

に対し
発展途上国

  • 都市内外の移住不適地に形成


商業/生活


昼夜間人口比率
昼間人口÷夜間人口×100
⇒100以上 中心地
100未満 移住地


全国でみると小売業年間販売額より卸売業年間販売額の方が3倍ほど大きい


中心都市は卸売に強い


社会保障制度の政府の公的支出

  • 北欧や社会主義国、中東は高い
    特に北欧諸国は高福祉高負担
  • アメリカは低い(特に医療費)
    しかしその分家庭に負担がかかっている