一般大学生が色々やるブログ

いろいろなことを書いています

10記事1000文字未満でもGoogleAdsenseの審査に通った話


スポンサードリンク

もう一年以上前になりますが、タイトル通りGoogleAdsenseに合格した話をします。


2021年の一月、当時現役生だった私は、アウトプットすれば地理を覚えられるのではと思いなんとブログにアウトプットしようと思ったわけです。で書いているうちに、ついでに今のうちにアドセンス審査に合格できたら大学入学後からブログ運用しやすくなると思い始めました。(はてなブログを知った時からアドセンスのことも考えていました)


まあとにかくアウトプットするほうが先決なので、まず(質の悪い)記事をいくつか書きました。そのあとでどれくらい書けば審査に通るのかを調べてみたんです。すると、2、3記事でも合格したとある一方で10記事以上でも落ちたとも書いていたり、文字数は少なくても行けたとあれば1000文字以上入ると書いていたりと情報がかなりばらばらだったんです。そして一番気になったのは、どの記事にも無料ブログサービスのドメインでは審査に通らないということ。初期からお金をかけるなんて絶対に嫌だ!と思いどうにかならないのかと一生懸命探しました。するとありました、同じはてなブログで収益化に成功された方のブログがです。その方のブログのリンクを記載しておきます。無料はてなブログアドセンスの収益化をしたい方は是非参考にしてみてください。
redo5151.hatenablog.com


そのブログを参考にして、絶対に必須であるプライバシーポリシーの欄などを作った後、一発で通らなくてもいいからまずは審査に出してみて落ちてからまた考えようと思い一度目の審査に出しました。


さすがに記事が少なすぎたのか質が低すぎたのかは知りませんが一度目の審査には落ちてしまいました。そこで、今度はカラメル化の記事で文字数ありますよ感を出して二回目の審査に出しましたがこれも落ちました。そりゃ一つ増やしただけでは通りませんよね。(この時のカラメル化の記事は1000文字ほどでした。タイトルの1000文字未満の部分はこの記事を除くということで...)


三度目の審査に出す前にまた情報を探したところ、文字数が少なすぎる記事が多いと落とされることもあると知りました。思い当たる節しかありません。すぐに記事の中からとりわけ文字数の少ない記事をすべて下書きに戻し三度目の審査へ。


そして3月8日、無事審査に合格することができました。


この時のこのブログの状況は、記事数が10ほどで一つの記事を除いて700文字ほどでした。またPV数に関してですが、ちょうど合格した日に10アクセスに達して喜んでいた記憶があるので常に1日10PV未満だったと思います。


私の体験上の注意点は、あまりにも文字数の少ない記事があると落とされてしまうことです。そういうときはいったん下書きに戻してしまって、合格してからまた投稿しましょう。