一般大学生が色々やるブログ

いろいろなことを書いています

【英語】out のイメージ


スポンサードリンク

予備校の授業内でoutのイメージのことがでてきたのでそれについて書いてみました。

正直大したことは書いてないですがそれでもよければ。


outのイメージのひとつに「徹底的に」というものがあるそうです。


例えば、die out は「絶滅する」という意味ですが、これはdie=「死ぬ」、out=「徹底的に」と考えると、

die out=「徹底的に死ぬ」となります。


「徹底的に死ぬ」はすこしわかりにくいので、そこでこれを、「死にまくる」とでも解釈してみましょう。


そうすると、「死にまくる」→「絶滅する」と考えられます。


他の熟語を例に挙げて同様に考えてみます。


throughout =「through=通り抜ける」+「out=徹底的に」=「徹底的に通り抜ける」→「すみからすみまで」


A sold out =「Aが徹底的に売られる」→「Aが売り切れる」


wear out =「徹底的に着る」→「着まくる」→「使い古す、摩耗する」

これは服を着まくって服がヨレヨレになるイメージで捉えると良いでしょう。



try out = 「徹底的に試す」→「十分に試してみる」


dry out = 「徹底的に乾く」→「完全に乾き切る」


clean out = 「徹底的に掃除する」→「一掃する、空にする」

とまあこういう風に上手いこと説明できる熟語もいくつかありますね。


追記
最近同じ先生が、die outのoutを「完了」のイメージで説明されたのです。


なんでも、「死ぬことが完了した」→「絶滅する」とのこと。


えっ、言ってたことと違うじゃん!ってなりましたよ。


果たしてどちらの説明が正しいのでしょうか…


outを含む熟語の意味を見るときには、「徹底的に」と「完了」、そして一切言及していませんが1番イメージしやすい「外に出す」というイメージを頭に入れておきながら見てみるとと覚えやすいのではないでしょうか。


もちろんoutを含むからといって全てのoutに対してこれらのイメージが適用できるとは限りませんのでご注意を。