一般大学生が色々やるブログ

いろいろなことを書いています

地理まとめ⑩ ヨーロッパの農林水産業

北欧

北欧は氷河のせいでやせ地になっているので農業はあまり行われていない。

スウェーデンフィンランド
林業が盛ん

ノルウェー
フィヨルドでサケの養殖

デンマーク
畜産業が盛んで特に豚肉の生産量が多い。
デンマーク(とオランダ)の土地生産性はとても高い。
畜産が多いわりに土地使用割合において耕地率が60%ほどなのは、家畜を舎飼いしているのと飼料生産をしているから。

西欧

北海のドッガーバンクで漁業が盛ん。タラ、ニシンなどが取れる。

イギリス
牧羊が盛んで、「ヨーロッパ内で」1位。

オランダ
デンマークと同じく土地生産性がとても高い。
干拓地で酪農を、海岸砂丘で野菜や花卉の生産(園芸農業)を行っている。

ドイツ
混合農業が盛ん。豚肉、ライ麦の生産が多い。

フランス
地中海沿岸でオリーブ、ブドウ、オレンジなどを育てている。
パリ盆地のケスタの、急斜面の部分でブドウ、緩斜面で小麦を育てる。急斜面は日当たりが良いから。パリ盆地はブドウ栽培の北限でもある。
ヨーロッパ内で小麦生産量1位

南欧

地中海沿岸なのでオリーブ、ブドウ、オレンジ、コルクガシの生産が盛ん。
イタリア北部では沖積平野で稲作を行っている。ここが米の栽培北限の一つでもある。

東欧

西欧と比べて自給的な農業、農業生産性が低い。
ハンガリーのプスタ(レス)で小麦、トウモロコシ生産。

浪人体験記 ほぼ全落ちから前期国公立合格まで

先日、長い浪人生活を無事終えることができました。

浪人生活も終わったことですし、浪人するに至った経緯と浪人中にしたことを書いていきたいと思います。

簡潔に言えば、河合のテキスト復習ばかりやってたら合格できたってことです。なんせ大半はテキスト復習に時間を費やしたのですから。

長いですが良ければ読んでいって下さい。

共通テスト受験前まで

現役時、私は当時の二次力には全く見合わないレベルの某大学を志望していました。受験を楽観的にとらえていたこともあって、共通テストでボーダーを超えていれば出願しようと思っていました。もし共通テストの点数が模試の結果ほどであれば、その大学より下のレベルの大学に出願していて、浪人することもなかったと思います。

自己採点後

どういうわけか運良く(後のことを考えれば運悪く)8割もの点数を取ってしまったことで、当時の私は某大学に出願することにしました。8割取れてしまったことで、当時の予備校の担任(当時は東進に通っていました)と学校の担任はあまり何も言ってこず出願が決定しました。

私立の受験校は、一般で適当に行けそうな大学一つ、共通テスト利用で東進の担任が受験を進めてきた大学を一つ受験することにしました。

そして前期へ

遅すぎますがここでようやく過去問演習をしだしました。しかし実力に見合っていないので得意教科の化学でさえ半分もとれませんでした。その程度の出来だったことですぐに過去問演習をやらなくなり自宅で数学の問題ばかり解いていました。某大学のレベルに合わないものばかりを、です。

私立に関しては過去問も解かずに受けました。対策なんかしなくてもうかるだろうと高をくくっていたわけです。

ほぼ全落ち

まず二月中旬に私立の結果が出て、一般のほうは普通に落ちました。ここで初めてまずいと思いましたが、学費が高くあまり行く気がしなかったので何とか平静を保とうとしていました。共通テスト利用のほうは合格しました。

私立一般で落ちたのにもかかわらず勉強法を変えようともせずに迎えた前期。英語は思いのほかできたものの、数学では典型問題を落とし物化ともに半分しか解けずと散々な結果に終わりました。

中期も後期もまともに点を取れず、結果は共通テスト利用以外すべて不合格。勉強していないというのに前期合格発表前はかなり緊張していたのを覚えています。受かっているわけないのにね。

浪人することを決意、河合塾に入塾

共通テスト利用で合格したところは偏差値が低く、私立なので奨学金も借りなければいけない。そうなると無駄に借金だけを負ってしまう羽目になる。そう思いそれを避けるためだけに浪人を決意しました。決心したのが四月直前とぎりぎりで予備校選びに時間を費やすこともできなかったので、大手であり友人が現役時に通っていた河合塾に入塾することに決まりました。

4月~夏期講習まで(基礎シリーズ)

4月5月

この頃は復習は夏にまとめてやればいいやと思い予習しても復習していませんでした。
授業が終わればすぐ家に帰り予習だけをする日々。
休日も何の勉強もしてなかったです。
また国語はすべて切っていました。その時間は自習室でほかの授業の予習に専念していました。

6月

ここらへんからテキスト復習をするようになります。理由は夏が近づいていたからです。(夏期講習の予復習をするために少しでもテキスト復習をやらないといけない)
自習では基本的にテキスト復習しかしていません。

それでも復習だけはきちんとやったおかげで、全統記述の偏差値は総合で66.9を出しクラストップレベルにまで至りました。
この調子なら某大学に行けるのでは、と落ちた時と比べ徐々に自信を取り戻していきました。
河合塾のテキストは復習すればするだけ伸びると強く実感しました。

夏期講習

夏期講習をとりすぎたのは本当に良くなかったです。(1ターム1コマから2コマも取ってしまった)さらに数学の最難関講座を取ってしまったのも無駄でした。(担当講師が言うに、全統記述の数学偏差値が65以上の人が対象らしい)その結果夏期講習は消化不良になりがちでした。半面とってよかったと思うのは化学の平衡の講座です。これの復習をきっちりと最優先で頑張ったおかげでかなり平衡の実力がつきました。

その反面、基礎シリーズのテキスト復習は完璧に行いました。全部しっかり解いて2周くらいしたと思います。特に化学は授業で理解しきれない部分が多かったので重点的にやりました。

夏の終わりに第二回全統記述がありましたが、英語がかなり下がってしまい総合偏差値も落ちてしまいました。このこともあり英語に対する自信はあまりなかったです。

9月-12月

完成シリーズになると8時ごろまで残って予習なり復習なりをするようになりました。休日も土曜は塾に行っていたと思います。

普通はこの時期から過去問をやり始めるべきなのですが、テキスト復習にかこつけて過去問を全くやろうとしなかったのです。これさすがに不味かったと思います。ただ私は前述したとおり英語の出来に自信がなかったため、英語の過去問のみ十年分ほどこなし時間配分に慣れました。今思えば英語をまじめにやったおかげで点差をつけることができ合格できたのではと思います。

第三回全統記述の偏差値も第一回とほとんど変わらず安定していました。

冬季講習

志望校対策講座を主にとり、共通テスト対策は地理だけをうけました。夏期講習をふまえて十分に余裕のある受講をしたので予復習をきっちり行え理解も追いつきました。もちろん今までの復習などありきですけどね。

志望校対策講座の初見問題を解けるようになっていたため復習の力を改めて実感しました。

二度目の共通テスト

数学のめちゃくちゃな問題のせいで大きく失点したことで7.5割ほどに落ち込み、リサーチが返ってくるまでは出願校を下げようと思っていましたが、ボーダーも大きく下がったことでなんとか某大学に出願できることになりました。

直前講習

志望校のテストゼミをとりあえず全部取りました。ここで高得点をしっかり取って波に乗ろう、そう思っていました。しかし物理をはじめ他教科でも思ったほど良い点を取れず自信を失い始めてしまいました。これに加えて去年不合格したという事実もあり、絶対落ちるんだろうな、と思うようになってしまいました。ここにきて自信もやる気もほとんど無くなってしまったのです。

それでも予備校に行かないと親に何か言われるのでとりあえず予備校には行き、得意な化学だけをずっとしていました。基礎的な問題には絶大な自信があったため私立に合格する自信はあり、私立前には二校とも過去問を一年分だけ解き臨みました。その私立のレベルはあまり高くないので難なく合格することができました。

前期二週間前ともなると、不安が最高潮に達し、落ちる落ちるとばかり考えるようになりました。そこで今度は入学後のことを考えて英語をやりはじめました。どうせ落ちるから私立に行って英語の資格をさっさと取ってやろう、そう思いながら。

そうして迎えた前期試験。数学が思ったよりも上手く解け3完を達成。それにより急激に自信を取り戻し、続く理科もわからない問題をすぐに捨てることにより解ける問題をなんとか全て解け切れました。自信のない状態であればきっとドツボにはまっていたでしょう。数学の易化のおかげでうまくいきました。本番は良くも悪くも何があるかわかりません。英語はいつも手応えがないのでどのくらいできたのか体感ではよくわからず。こうして前期試験は終わりました。

出来が出来だけに何とも言えず、中期の勉強にも身が入らず(する気がそもそもありませんでした。滑り止めの私立に行けばいいかあとか思っていたので)中期試験の日を迎えました。

その後

中期用の対策もせず普通に試験問題を解き、その後の前期合格発表で無事合格。あっけなく終わったので合格した実感が全くありませんでした。こうして長い浪人生活が終わりました。

まとめ

私が浪人して成功できたのは、やはりテキスト復習を徹底したおかげだと思います。
特に河合塾に入塾するのであれば、テキスト復習さえ徹底してやりこめばある程度までなら必ず到達できます。その地力をもって応用力をつければさらに学力を上げることも容易でしょう。テキスト復習だけはあきらめずに何回でもやりましょう。

【英語】out のイメージ

予備校の授業内でoutのイメージのことがでてきたのでそれについて書いてみました。

正直大したことは書いてないですがそれでもよければ。


outのイメージのひとつに「徹底的に」というものがあるそうです。


例えば、die out は「絶滅する」という意味ですが、これはdie=「死ぬ」、out=「徹底的に」と考えると、

die out=「徹底的に死ぬ」となります。


「徹底的に死ぬ」はすこしわかりにくいので、そこでこれを、「死にまくる」とでも解釈してみましょう。


そうすると、「死にまくる」→「絶滅する」と考えられます。


他の熟語を例に挙げて同様に考えてみます。


throughout =「through=通り抜ける」+「out=徹底的に」=「徹底的に通り抜ける」→「すみからすみまで」


A sold out =「Aが徹底的に売られる」→「Aが売り切れる」


wear out =「徹底的に着る」→「着まくる」→「使い古す、摩耗する」

これは服を着まくって服がヨレヨレになるイメージで捉えると良いでしょう。



try out = 「徹底的に試す」→「十分に試してみる」


dry out = 「徹底的に乾く」→「完全に乾き切る」


clean out = 「徹底的に掃除する」→「一掃する、空にする」

とまあこういう風に上手いこと説明できる熟語もいくつかありますね。


追記
最近同じ先生が、die outのoutを「完了」のイメージで説明されたのです。


なんでも、「死ぬことが完了した」→「絶滅する」とのこと。


えっ、言ってたことと違うじゃん!ってなりましたよ。


果たしてどちらの説明が正しいのでしょうか…


outを含む熟語の意味を見るときには、「徹底的に」と「完了」、そして一切言及していませんが1番イメージしやすい「外に出す」というイメージを頭に入れておきながら見てみるとと覚えやすいのではないでしょうか。


もちろんoutを含むからといって全てのoutに対してこれらのイメージが適用できるとは限りませんのでご注意を。

化学のマイナーな反応【高校化学】

$\require{mhchem}$ 入試ではまず問われない、資料集にさりげなく載っているものやもっと知られていないであろうものをまとめました。

フルクトースと$\ce{Ca(OH)_2}$の反応

難溶性の$\ce{C6H12O6・Ca(OH)2・H2O}$ が生成します。フルクトースが存在しているかどうかを確かめたくて方法を探しているときに見つけた反応です。
フルクトースを分離したい時に使えます。

スクロースと$\ce{Fe^3+}$

スクロースと$\ce{Fe^3+}$と水を混合して加熱すると、どこかのタイミングで$\ce{Fe^3+}$の色が消えます。

恐らくスクロース加水分解してグルコースとフルクトースになることで$\ce{Fe^3+}$が還元されて、$\ce{Fe^3+}$→$\ce{Fe^2+}$となるので色が消えたように見えるのだと思います。
(残った$\ce{Fe^2+}$は淡緑色ですが、$\ce{Fe^2+}$の色が薄く無色に見えたから色が消えたように見えたのでしょう。)

なぜ恐らくと言っているのかというと、これは私が偶然発見したからなのです。

この反応はスクロース加水分解のタイミングを知るためくらいにしか使いようがない気がします。マイナーどころじゃありませんねこれは。

$\ce{Cu^2+}$と濃塩酸、$\ce{Cu^2+}$と$\ce{K4[Fe(CN)_6]}$の反応

$\ce{Cu^2+}$と濃塩酸を反応させると、$\ce{[CuCl4]^2-}$などの$\ce{Cl-}$が配位した黄緑色の錯イオン溶液になります。

$\ce{Cu^2+}$と$\ce{K4[Fe(CN)_6]}$を反応させると、$\ce{Cu2[Fe(CN)_6]}$の赤褐色沈殿が生成します。

いずれの反応も資料集にしっかりと記載されていますが、入試に出ることはまあないでしょう。$\ce{K4[Fe(CN)_6]}$は$\ce{Fe^3+}$としか反応しないと思っていた方も多いのではないでしょうか。

ポリビニルアルコールと$\ce{I2}$

デンプンにヨウ素ヨウ化カリウム溶液を加えると紫色に呈色するのは有名ですが、ポリビニルアルコールもデンプンと同様にらせん構造をとるので、らせん構造の中にヨウ素分子が入り込んで紫色に呈色します。

アセチリド(銀以外)

アセチリドは銀だけじゃなくて銅もあります。銅アセチリドは赤色の沈殿です。

また、アセチリドは右のような形($\ce{R≡C-H}$)であればHが銀や銅に置き換わって生成します。例えば銀フェニルアセチリドなんてものがあり、これには爆発性がありません。アセチリドならなんにでも爆発性があるというわけではないのです。

銅、銀があるのなら金もありそうですが、予想通り金アセチリドもあるようです。 金銀銅アセチリドはすべて爆発性を持ちます。

反応の話を忘れていました。$\ce{R≡C-H}$のように末端に三重結合がある有機化合物は金銀銅とアセチリドをつくって沈殿してくれるので、末端の三重結合の有無を確認できます。

【python 】程よい巨大数や小さい数を10の累乗で不等式評価

要約
普通に計算すればいいものをわざわざ長いコードを作って10の累乗で近似するだけの記事


python初心者による練習で作られたコードを紹介します。
すごいものではないので過度の期待は危険。
実用性はないと思います。このコードそのものに応用例なんてあるんでしょうか。
なんでもいいからpythonで何かを動かしてみたい!という方は使ってみてください。
     


pythonで任意の正の実数を10の累乗で不等式評価できるコードを作ってみました。
ただしあまりにも大きい数字だとオーバーフローしてしまいます。
小さすぎると0e+00になってしまいます。


コードはこちらになります。

x=1
y=  # =の右に任意の正の実数
while x < y:
    x *= 10
    if x >= y:
        print('{:.0e}'.format(x/10),'<','y','<','{:.0e}'.format(x))
while x > y:
    x *= 1/10
    if x <= y:
        print('{:.0e}'.format(x),'<','y','<','{:.0e}'.format(x*10))

一つ目のwhileはxがy以上になるまでひたすら10倍し続けるもので、二つ目は逆にxがy以下になるまでひたすら10で割り続けるものになっています。
すごく単純な構造ですが、whileとifが程よく放り込まれているので練習にはもってこいでした。
'{:.0e}'.format(x)←これで1e+〇=1*10^〇の形にしています。仕組みはよくわかりません。

y=777^77を代入してみます。

x=1
y=777**77
while x < y:
    x *= 10
    if x >= y:
        print('{:.0e}'.format(x/10),'<','y','<','{:.0e}'.format(x))
while x > y:
    x *= 1/10
    if x <= y:
        print('{:.0e}'.format(x),'<','y','<','{:.0e}'.format(x*10))

1e+222 < y < 1e+223 
1e+222 < y < 1e+223

777^77は10^222から10^223の間にあることがわかりました。
何故か2つ同じ不等式が出力されてますが気にしない気にしない。

次は小さい数字としてy=1/17^175を代入してみます。

 x=1
y=1/17**175
while x < y:
    x *= 10
    if x >= y:
        print('{:.0e}'.format(x/10),'<','y','<','{:.0e}'.format(x))
while x > y:
    x *= 1/10
    if x <= y:
        print('{:.0e}'.format(x),'<','y','<','{:.0e}'.format(x*10))
1e-216 < y < 1e-215

1/17^175は10^-216から10^-215の間にあることがわかります。
実際に計算してみると

print(1/17**175)        
4.692872540150196e-216

となるので出力された不等式は正しいことがわかります。
y=77**777は桁が多すぎるので割愛。

yは指数である必要はないので、階乗とかでもできます。

円周率を導出する式を複素数平面から思いついたので作ってみた

つくってみた、と言いましたが1年ほど前につくった式です。

1年ほど前に複素数平面を習った時、1のn乗根が正n角形を表すことを知ってピンときました。

「もしかしたら正多角形の周の長さを座標から計算したら円周に近似させられるのでは?」と。

ちょうど座標の中にnも入るのでnを無限大に飛ばせば極限値も取れますし、何かと都合が良さそうだなと思いました。

そう思って紙に書いてみたのがこちら。
f:id:coronene:20210129012629p:plain


人に見せるつもりはなかったので説明が割と雑です。

まず左図ですが、複素数平面に半径1の円に内接する正n角形を簡略化して書いています。

正n角形の頂点の部分は極形式を用いてcos(2πk/n)+isin(2πk/n) (k=0,1,2,…)と表せるので、図に書いてある座標はcos(2π/n)+isin(2π/n)となります。

すると正n角形の一辺の長さsは、三平方の定理を用いて右の計算の通りになります。

あとは右下の説明通りです。

n→∞でπになるはずです。


この式が成り立つのかをpythonで確かめてみました。
まずは試しに小さい数字を代入します。
下のコードはx=8、つまり正八角形のときの値を出します。

import math
x=8
pi=math.pi
cos=math.cos
print((x/2)*(2-2*cos(2*pi/x))**0.5)

すると値はこのようになりました。

3.061467458920718

値が小さいので微妙な数字ですね。
ちなみにこの時点で東大の有名な入試問題「円周率が3.05より大きいことを証明せよ」の証明が完了しています。

次はもっと大きな数字を代入します。
大きすぎるとなぜか値が0.0になってしまうので、x=1000000を代入します。

import math
x=1000000
pi=math.pi
cos=math.cos
print((x/2)*(2-2*cos(2*pi/x))**0.5)

すると値は

3.141592770102689

となり、3.141592までは一致しました。
かなり収束速度が遅いことがわかりますね。

最後に極限値を計算してみます。
f:id:coronene:20210129163317j:plain
ちゃんとπに収束することがわかりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

地理Bまとめ② - アフリカの農業